2018年買ってよかったものいろいろ【コスメ編】

3月になったけど気にせず2018年の話題です。
記事自体はずいぶん前に書いてあったのだ…。
今回も、「自分が買ってよかったなと思ったもの」の話です。

コスメ編

ラロッシュポゼのUV乳液


【ロングUVAも防御】紫外線や、PM2.5・花粉*1から敏感肌を守る*肌の色を均一に整えるピンクベージュのうるおう日やけ止め・化粧下地

うるおい・ツヤがつづく、ピンクベージュの日やけ止め・化粧下地。

肌深部にまでダメージを与え、シミ・シワ・たるみなどのエイジングサインの原因を作り出すと言われる”ロングUVA”。
地上に届く紫外線の約75%を占めるロングUVAをしっかりブロックするテクノロジーを採用した敏感肌*にも使える日やけ止め(化粧下地)です。
ツヤのある薄づきのピンクベージュの色味が皮膚のくすみ感や色むら感をカバーし、ナチュラルに補正。化粧下地としてもおすすめです。

皮膚をやわらげ、皮膚本来の機能をサポートするラ ロッシュ ポゼ ターマルウォーター(整肌成分)配合です。

石鹸で落とせます。

※1 物理的な肌の付着からの防御。すべての大気中物質を指すわけではありません。
※2 すべての人に肌トラブルがおきないわけではありません。

 
コスメっていうかスキンケア用品ですが。

秋冬の日常はこれ一本で乗り切ってしまった。
色付きの日焼け止め乳液で、するする塗れます。
自然な色合いすぎてカバー力はそんなにないんですが、くすみや色むらが本当に気にならなくなる感じ。
隠すというよりもなじませるという言い方がぴったりだと思う。
歩いて数分のコンビニとか駅前に買い物行く程度の外出なら、これ塗って、ちょっとお粉はたくだけで終わってしまう。
敏感肌用なので肌荒れの心配がないのと(個人の感想です)、石けんで落とせるのも嬉しいです。

ラロッシュポゼはプレ化粧水としてターマルウォーターも使っていた、そういえば。


前はアベンヌ使ってたんだけど、匂いがちょっと気になってしまって変えて以来、ずっとターマルウォーターです。
洗顔の後に顔に吹きかけ、お風呂上がりは体にも浴びせる。
実際のとこプレ化粧水がどのくらい効果あるのかとかは正直わからん。が、何となく使い続けている。効果は不明ですが悪いこともないのでまあいいか、と使い続けていたら、何となく吹きかけないと落ち着かないようになってしまった謎。
安いのでいいんです。
 

キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダー


もはや説明する必要があろうか。怖ろしきプチプラコスメ。

ここ数年は延々ANNA SUIのBBプレストパウダーをリピし続けて今でも愛用しているのですが、つけたての使用感が正直あんまり…変わらぬ…疎いわたしにはわからぬ…。
かたやレフィル3500円、かたや700円です。怖ろしい。
ただ、持ちはさすがにというか当然ながらANNA SUIの方が全然いいのと、化粧直しした時の仕上がりが微妙に自然な感じがするので、ちゃんとメイクしようって時はANNA SUI使います。
マシュマロフィニッシュパウダー使った時は「あれ、ANNA SUIとあんまり変わらないんじゃ…?」と思いはするけど、改めてANNA SUIのプレストパウダー使うと「いや、違うわ」となったりもする。
が、近所に行くくらいならラロッシュポゼのUV乳液に、マシュマロフィニッシュパウダーちょっと叩くだけで充分すぎるのであった。

何より、これも石けんで落とせるというのが嬉しい。
とにかくメイク落としがめんどくさくて嫌いなのだ。

パフがいまいち使いづらいので、家にある適当なブラシで載せてます。
ダイソーのブラシいいよって記事みかけたからためしてみたけど、私はちょっと使いづらかったなあ。

パウダーが気に入ったので、マシュマロフィニッシュファンデーションも買ってみたんですが、結構ぺっとりした仕上がりになっちゃうので、これも私はあんまり合わなかった。
フィニッシュパウダーのみリピ中です。
いやしかしこれで700円って。どうなってんだよ。
ANNA SUIもそんなに高いコスメではないので気にせず買っていたんですが、1000円切られると、手に取る一瞬頭を過ってしまう…。

ANNA SUIに関しては単純にブランドが好きで、デザインが好きで、持ってると上がるという部分だけでも価値があるのでずっと買い続けますけれども。

キャンメイクは、リップとマスカラ下地にも大変お世話になっております。


この辺は長井かおりさんの本を読んで出てきたのをためしに買ってみたら、本当に使い勝手がよかったので、ガンガン使ってるやつです。安いし。


 

箸方化粧品の化粧落としと泡洗顔

 


これもスキンケアか。
前に記事も書きましたが、化粧落とし・泡洗顔とも、値上がり後もリピしています。
同居人も使うというし、近所の人にもおすすめついでにまとめ買い。
しかし値上がりしたって安すぎるので、送料無料にしようと思ったらやっぱりたくさん買わなければならなかった。
送料が別にかかってもトータルでお得すぎるので、次は無理にまとめ買いしなくてもいいかもな。

本当に「余分なことは一切しない」という、肌弱めの私にとってはすばらしき商品です。
デザインも愛しくなってきました。今となってはどうか永遠にこのパッケージのままでと願っている。

UV乳液+マシュマロフィニッシュパウダーを箸方の泡洗顔で落とし、という流れで日常は万全です。
そういえばこれやってから、吹き出物が全然できなくなったな。
飽きるまでリピし続けると思います。

無印のポリプロピレンケース

もはやコスメではないしスキンケア用品ですらない。
収納用品です。

部屋にはメイク道具をしまう収納棚があるんですが、棚の蓋が鏡になっていて、メイクする時は棚に入っているものに手が届かないという致命的な構造欠陥を抱えており、結局そこにメイク道具を入れていない。
他にも、いろんなバニティボックスも試したんですが、どれもこれも一箇所にしまうのが面倒臭くて、結局外に出しっぱなしにしては猫に蹴られて行方不明とかやっていた。


これ系のバニティボックスはみんな普通に使いこなせているのだろうか。
そこそこ仕分けしてあっても、いちいち元の場所に戻すのがめんどくさくて絶対散らかるんだ…。
毎日使うものなのにみんな毎日ちゃんと出し入れしてるんですかね!?
結局全部工具入れになっている。工具入れとしては滅茶苦茶優秀です。仕分けできるし。

話が逸れた。
仕方なく、蓋のあるものにしまうのは諦め、「近所用のコスメ」「ちょっと頑張るお出かけ用コスメ」「出かける時のポーチに入れるもの」「ブラシなど細長い道具を立てるもの」「分類不可のものを何でも入れるもの」みたいな感じで何となく分けて籠に入れておいたんですが、分類が曖昧なので使ってるうちにあっちこっちの籠に混ざってしまって、いざ使いたいものがスッと取り出せなくて、微妙なストレスでした。
で、無印良品の店舗でこれを見かけて、「種類で分けたらどうだろうか」と思いついたのです。

普通の人は最初からそういうふうに分けてんじゃないのと、今は思うんですが。
自分としては世紀の大発見でした。

抽斗が細長いので半分に仕切って、12個分。
写真だと縦長ですが、横置きにも出来るので横にしてる。
ファンデーションとパウダー類は一個ずつでブラシとセットにして、チーク・リップ・アイブロウ+アイライナー・アイメイク・コンシーラーとかポイントカバー系・ビューラーとか眉カッターとかの道具、などに分けて、ものすごく綺麗に収まった…。
口に塗るものは口に塗るもの、眉を描くものは眉を描くもの、と分けたらすっきりしました。
何でリップが十個も二十個もあるんだよ、って思いながら、全然使ってないのは処分したりと、断捨離もできたぞ。

思いつきでホイホイと同じようなものを買いすぎるのをまず辞めるべきではと、またしても今気づいてしまったよ。まあいい。

私みたいに同じ種類のコスメをポコポコ買っては見失うだらしない人にはお勧め収納用品です…。
ビューラーなんか何個あってもどうせ気に入ったのしか使わないんだから、捨てればいいんだよな。捨てよう。

しかし最近のプチプラコスメって本当すごいですね。
今までは間に合わせでちょっと買っては買ったことすら忘れて放っておく、みたいなことやってたんですが、井田ラボラトリーズのおかげで初めてパウダーを使い切った…。
学生でもないのにプチプラはなあ、と若干抵抗があったんですが、マシュマロフィニッシュパウダーのおかげで「いいものはいいのだ」と気にならなくなりました。可愛いし。

急に思い立って石けんで洗える、しっかりした化粧品が欲しい…! と初めて買うメーカーの基本的なところをラインで揃えたのですが、全然自分の肌に合わなくて、結局一、二度使っただけでほとんど人に譲ってしまった。
3万円くらいがパッと消えたんですが、これプチプラだったら3千円の痛手だったよな、とか考えてしまったのでもう駄目。
ちゃんと試して買えばいいって話ですよ。知ってる。

最近引きこもりが過ぎてコスメ関係全然興味向けられなかったので、またあれこれ試してみたい欲です。
Twitterで流れてくる限界オタクのおすすめコスメとかテクニックとか見るのがすごい楽しい。コスメオタの人の情熱がすごく好きだ、あやかりたい。

ランキングバナー:ブログが気に入ったらクリックしてください
 ツギクルバナー