キャラ文庫『彼の部屋』発売中です

何かすごく久しぶりの新刊な気持でいましたが、三ヵ月ぶりだからそうそう久しぶりでもないでしょうか。
キャラ文庫さんからは一年ぶりの新刊、霊感ありのサラリーマン×びびりのサラリーマン、年下攻めです。

悪霊から護ってあげるから、弱みにつけ込んでもいい?
アパートの怪現象に悩む霊感ゼロなサラリーマン・藤森。霊に詳しく、好きだと告げてきた江利を、貞操の危機を感じつつ部屋に招くが!?
激しい家鳴りと、耳元で響く呻き声、頻繁に壊れる電化製品——アパートの不気味な現象に疲労困憊なリーマン・藤森。
そんな折、同じビルで働く江利が、突然声をかけてきた。
「藤森さんの部屋、出るでしょ?」
最初は胡散臭く思ったが、霊現象に詳しく、霊感ゼロな藤森に的確な助言をしてくれる。
なぜここまで俺を護ってくれるのだ——江利を不審に思いつつも、ビビって自分の部屋に泊めることに!?

『愛はどうだ!』以来の霊物です。『愛はどうだ!』って覚えてる人この世にいないと思うけど!
文庫の本編は2014年の小説キャラさんに掲載していただいたもので(その時の告知)、残りは書き下ろしです。
あとがきにも書きましたが、私が藤森の比じゃないびびりなのですごくびくびくしながら書きました…といっても本格的なホラーというわけでは全然ないので、怖いとこはさほどありません。ラブコメです。
藤森をアホかわいく書けたなと思ってお気に入りです…。最初はクールビューティになる予定でした。
イラストは乃一ミクロさんです、オカルトっぽい表紙が綺麗でありがとうございます。

引っ越したばかりのアパートの不具合に悩んでいた藤森。
初夏なのに異様に寒く隣の声はうるさいし電化製品もすぐに壊れ、
万年睡眠不足だ。そんな折、同じビルに勤めるイケメンリーマンの江利が、
親しげに声をかけてきた。「藤森さんの部屋、出るよ。引っ越しません?」
――俺の部屋って相当ヤバイ!? 霊感ゼロだが怖がりの藤森と、
なぜか霊に慣れていて下心アリな江利の幽霊退治が始まって!?