ディアプラス文庫『俺のこと好きなくせに』発売中です

ちょっとお久しぶりの文庫は新書館ディアプラス文庫さんから、まるっと読切です。
幼馴染み+ほのかに閉塞的な田舎という大変大好きなものを詰め込ませていただきました。

遠回りしても
道はぜんぶ
君につながっている。

寂れる一方の地方都市で祖父と二人でひっそり土産物屋を営む集のもとへ、兄弟同然の年上の幼馴染み・佑弥が帰ってきた。誠実で優しかった佑弥が、派手めのチャラ男に変貌していて衝撃を受ける集。佑弥が地元を出ていくまでの二十年、集のそばには佑弥しかいなかったし、集も佑弥しかいらなかった。けれど上京した佑弥は連絡を絶ち、二年間一度も帰省しなかった。その原因に心当たりがないでもない集だったが…?


なお埼玉ではありません。びっくりした!?
2歳差で会社員×土産物屋です。とても楽しく書きました。
イラストは金ひかるさんです、あとがきにも書いたんですが、今回珍しくビジュアルが割と明確に頭にあって、それをまんま描いていただいたのですごくすごく嬉しかったですありがとうございました、73ページの佑弥の照れ顔が最高に脳内再現だったんですが、文章ではうまく表現できないところだったので「絵を描く人はすごいな」とひれ伏す気分です。
冒頭部分を新書館さんのWebページでご覧いただけます。

//www.shinshokan.com/comic/tameshiyomi/52397-7/#page=1
購入特典はこんな感じです。

特典は佑弥視点のSSなんですが、本編もこの人視点で書いたらなんかもう全然違う話になってただろうな…と思います。すさまじいラブコメになってたんじゃないだろうか。SS楽しかったです。
お手に取っていただけると嬉しいです。
感想が大好きです。
ご感想は
新書館さん宛、

113-0024
東京都文京区西片2-19-18 新書館 ディアプラス編集部気付 渡海奈穂宛

私のTwitter、もしくはメールでお願いします。
以前金さんにイラストを描いていただいた文庫。

こちらの年齢不詳の魔性の受けとわんこ攻めも未だに気に入っております。私の印刷所バイト経験が生かされている。