小説ウィングス秋号本日発売です【読み切り掲載】

2018年6月13日

喫茶店・伴茶夢での出会いで少しだけ成長し、この春、大学に進学した莉菜。
変わりたいと思いつつ、いまだ店から出られない知見。
大学寮と伴茶夢の間で、手紙のやり取りが始まった——。
救世主はワケあり美少年と自由すぎるオタクたち!?
「ココアと踏切と私」続篇登場!

とういうような感じの読切です。
編集部の紹介ツイートはこちら。

※主人公の名前は「莉菜」です。
ツイートにもありますが、以前Short Seriesとして掲載していただいた「ココアと踏切と私」のその後になります。
掲載時の記事はこちら。
https://www.eleki.com/archives/7714
出会って割とすぐ離れて暮らすようになった莉菜と知見が、古風に文通をしながら交流を深めていきます。
イラストは前作と同じく紺野キタ先生です。
いやあもうすばらしい…少年少女すばらしい…十代の儚くて透明感ある感じがあますことなく描かれていて、莉菜の腕の細さとか知見の首の細さとか、もう本当に最高でしたありがとうございました。

以下、読むためには必要ないけど、書いたうえで今回少し心にのこったことのメモです。
ネタばれのようなものでもありませんが、興味のない方には興味のない話題だろうなあと思いますので、読んでみて何か気になることがあったり、読んでみようか迷ってるけど切っ掛けが掴めないからちょっと内情を知りたい、という方だけ読んでいただけると嬉しいです。
全然大したことじゃないんだけど。