【電子書籍/BL】手を伸ばして目を閉じないで後日談「アクティブレスト」電子書籍化しました

高校時代、強豪野球部のエースだった樋崎は、不慮の交通事故により選手生命を絶たれる。大学に進み、野球と無縁の生活を送っている時に偶然再会した野球部の後輩・明石と恋人として付き合うようになり、未だに野球に触れることが辛い時もある中、疎遠になっていた野球部時代の同窓会に行くことを決意し――。

ディアプラス文庫「手を伸ばして目を閉じないで」後日談。

「手を伸ばして目を閉じないで」を電子書籍化していただいたので、併せて同人誌で発行した後日談の方も電子にしてKindleで販売を始めました。
同人誌版とまったく同じ内容です。
単発で発行したのと、商業番外総集編の「ロマンチック・バザール2」にも再録したものです。
今回は妙に長いあとがきだけ書き下ろしました。制作秘話? 的な…。5、6ページある…。

表紙どうしようかなとTwitterで呟いた際、紙版と同じものがいいというご意見もいただいたんですが、表紙データがモノクロの上に旧サークル名が載っている状態だったので、改めて作り直しました。

こちらもpoeta同様Kindle Unlimitedに入れたので、会員の方は読み放題の料金内でご覧になることができます。

本編を読まないとサッパリ意味がわからないと思いますので、ご興味ある方は、ぜひ「手を伸ばして目を閉じないで」と共にお楽しみいただければ嬉しいです。

「渡海奈穂」または「電気犬文庫」で検索してください