【電子書籍/BL】新書館ディアプラス文庫「手を伸ばして目を閉じないで」

将来有望な投手だった樋崎は、事故で再起不能になり、以来、無気力な日々を過ごしていた。
ある日バイト先で後輩の明石と再会する。樋崎に憧れていたという明石は大学リーグで活躍する現役の投手。樋崎は冷たくあしらうが、明石は怯まず声をかけてくる。
だが頑なな樋崎の態度に明石の行動もエスカレート。強引にキスをし、肌に触れてくる。
それでも適当に流そうとする樋崎に明石は……? 汗と涙の年下攻青春ラブ!!

2008年に出していただいた文庫の電子書籍化です。
去年末にすでに発売していたんですが、寝込んだりその後始末のせいでおしらせ遅くなってしまいました。
懐かしいなあという方、読んだことないやという方、よろしければお手に取っていただけますと幸いです。

発行当時の記事はこんな感じ。

すっかり昔の作品になったけれど、この話に関しては文庫以外にも展開があったので、そんな昔の気がしていなかった。
せっかくなので、番外というか後日談の「アクティブレスト」も電子書籍化してKindleで販売することにしました。
詳しくはあとで改めておしらせを書きますが、販売が始まったのでとりあえずリンクを。

「渡海奈穂」または「電気犬文庫」で検索してください