まんが感想, 買ったまんが備忘録

待望の三巻。

男たちに襲われたトラウマで不登校になっていた一花が、勇気を振り絞って学校に現れた。そこで目にしたのは、自分がかつていた位置に収まり、笑顔で過ごすかなえ。絶望と屈辱の中、壊れたパワーバランスは新たな犠牲者を生む。一方、寛への想いで幸福感に浸るかなえ。その強すぎる恋慕の情は次第に狂気を帯びてゆく――。

終わりに向かって淡々と積み上げて行く感じの3巻

まんが感想

結構前に上げてすぐ非公開にしちゃってたんだけど、はてなからのサルベージついでに公開です。
2016年に書いたっぽいので話題が古いがまあいい。
近況以外の別のはてなブログでも少し本の感想上げてたやつがあるので、ちまちまこっちにログを移していきます。
話題が古すぎてリンク切れてるところがあるわ。

漫画の方の広告バナーで面白そうだなと思ってて、買おうか

日常あれこれ, まんが感想

さっき不意に「アッ、平凡だけど強気でなぜか幼馴染みやクラスメイト(男子)からやたら好かれる男子が異世界トリップして女装させられて隣国の王子に嫁ぐ羽目になり男であることを隠して接するうちに愛され、自分も相手を好きになってしまい、悩み苦しんだ挙げ句『実は男なんだ』と告げるも『そもそもゲイで国のために結婚したからむしろラッキー』ってハッピーエンドになる小説が読みたい」って思ったんですが。

まんが感想, 買ったまんが備忘録

ずっと楽しみに読んでる通信制高校を舞台にした漫画。
ものすごく劇的に何かが起こるわけじゃないのに今回もすごくおもしろい。
しかし10巻、松井さんが何となく不安だ…無事卒業できますように…辛いエピソード来ませんように…。

作者さんのTwitterあるんだーと見に行ったら不穏な…。
10巻の引きからして辛くならない理由がないと思うんですが、

まんが感想

「ベルサイユのばら」を読んでいたら、大変いいシーンで「カストールとポリデュークス」みたいなモノローグが入るものだから、当然、わたしの頭には副島さんのあいつらが浮かんで…ゴルフボールみたいな…アンドレイみたいなぱっつんぱっつんの前髪の…さらさらストレートヘアの…双子の…あいつらが!

浮かんで、泣けるシーンなはずなのにひとりで夜中悶絶してしまいました。
真田め…!! ...

まんが感想

大好きなまんが、宮本福助さんの爺・眼鏡着流し・ツンデレ女子高生・ほのぼのご近所まんが『拝み屋横丁顛末記』の実写ドラマがいよいよ本日深夜から放映されるであります。

特設ページ↓

メディア化、特にドラマ化に信頼を置いていない(今まで幾多の原作崩壊ドラマに泣かされてきたか)身としては「聞かなかったことにしたい…」とぶるぶる怯えていたのですが、サイトとか原作者の反応