帰ってきちゃった2022

日常あれこれ

こまめにブログを書くぞ、と決意した直後にまた途切れてしまいましたが、ここ二週間くらい何やってたのかというと、入院してました。

またか!

またです。

去年(の二回目)と同じ病気でした。
いやあ今回はキツかった、同居人にも「渡海さん死ぬのかなって思ってた。一年ぶりに」って言われました。

生きてました。よかった。
去年よりも回復にちょっと時間が掛かってしまったし治療がキッツくてもう泣きそうでした。
というか救急搬送を待つ間に「もう痛いのやだよー」とオンオン泣いてたらしいです。覚えてないけど。元気じゃん。

ほんとにひどい有様で運ばれたらしく、自力歩行できるようになってから使ったタオルを返す場所を探してウロウロしてたら看護師さんに「何号室の方…?」って不審がられ、名乗ると「渡海さん!? 来た時と全然違うからわからなかった!」と驚かれ、やがて「元気になって…よかったねえ…!」って泣かれてしまった。運ばれてきた時は見た目から相当やばかったらしく、他の看護師さんにも会うと「よかった…」「辛かったねえ」ってすごい同情されてました。

そこそこ回復したので退院してきましたが、根本的な治療法がない・かつ症状が出てない時は全然普通に暮らせる病気なもので、主治医にも「まあそれ(病名)は再発するので。その時は救急車でまた来てください、お疲れ」みたいな感じで送り出されました。

や、やだよ~~!!

やだけどどうしようもない。もう一生の付き合いです。頑張れ。
生死に関わるような病気ではないし、ほんとに元気な時は何ごともなく全然元気なので大丈夫です。
生きてる間に劇的な治療法とか出てこないかなぁ。

それにしても今回はもう何をお願いすることもなくパーフェクトな入院準備をしてくれた同居人に頭が上がりません、入院生活で何の不便もありませんでしたありがとう…すまない…。


悲しみの流動食。

ご意見・ご質問・ご感想はこちらから

Posted by eleki