頭がいてええええ

何だこの頭痛。気圧のせいかしら。肩こりのせいかしら。
 
J庭の新刊を印刷所にスーパープリントでお願いしよう…と思ったらすでに予約が一杯でした。
み、みんな…!
自分の手際の悪さにものっそいへこみました。ああ馬鹿だ馬鹿だ。
表紙と発注書まで準備してくれた式部さんにはすまなんだ…無駄な仕事をさせてすまなんだ…。
今からコピ本を作るにも、いったい何を書けばいいのかわからず途方に暮れます。
次のイベント、JUNEだと夏コミなんだよねえ。文学フリマ受かったみたいだけど、文フリには探険隊以外のBL持ってかない予定です(客層全然違うので)。5月のスーパーコミックシティは別ジャンルで取ったしな。
誰だノーモアオフセ新刊のないイベントとか言ってたの。もうたくさんだと思いつつまた同じことを繰り返すのか。かー。
とりあえずぽえ太の再版かけてみたので、久々にあの表紙がスペースに並びます。オフセオフセ。再版だけど。再版じゃしょうがない。ちなみにB6サイズにしてみました。リプライズだけ読んで「ぽえ太って何?」って思った方はお手に取ってみてください。
校正のために数年ぶりに読み返したら(七年前…か…)自分が覚えていたよりはるかに糸賀の人間性がひどいのでびっくりした! ぽえ太以降、ラブラブ甘々話ばっか書いてたので何か薄れてたみたいです。糸賀はひどいねえ、って言ったら絵を描いてくれてる式部さんがすごい真顔で力強く頷いてくれた。そんなにもか。
たしか秋口の時にもそう思ったのだった。
電気犬の中で、三大ひどい攻は糸賀>藤井>秋口だと思ってます。
秋口は読んだ人に怒られるのに糸賀と藤井は怒られない。
三人の共通点は「俺より受の方がひどいし俺のことを振り回している」と本気で思っているところです。
 
糸賀の話はもうないのか、と質問で聞かれて、ないですって言ってみたけど、何となくつらつら考えていたら絶対書くのはやめとこうと思ったふたりのなれそめが書きたくなってきたよ。
ぽえ太よりひどい話になるんですがいろんな意味で、それでも読んでくれる人がいるのだろうか。糸賀が受けにならない話も関わってくる…。
書く隙があれば書くだけ書いてそれから考えようと思います。
 
で、J庭新刊どうしよう。今から何だったら間に合うかなあ…。
お気に入りのマグカップを落として割ってしまってへこむ以外のことがこの世にないと思えてきたわたしでした。さようなら…。

ランキングバナー:ブログが気に入ったらクリックしてください
 ツギクルバナー