【電子書籍】「伯爵令嬢ですが駆け落ちしたので舞台女優になりました」配信中

電子書籍

10月発売のウィングス文庫の電子配信が始まりました。
前作ゾンビだった主人公が今回は舞台女優になります。あらすじの説明が難しい!
今回も引き続き楽しく書いたお気に入りのお話ですので、使い慣れたもしくはお得なプラットフォームからお迎えいただけますと幸いです。
夏乃あゆみ先生のイラストが本当に眼福です。

前作「伯爵令嬢ですがゾンビになったので婚約破棄されました」をご覧いただいた方が意味がわかりやすいかと思います。
そちらも電子配信中ですので、未読の方はよろしければ二冊纏めてお求めください。

馬鹿だわ、私。
彼の優しいまなざしの先にいる舞台の"私"に嫉妬してる――。

作家になることを父に反対されたウィルフレッドと、一度死んで生き返ったなどという不名誉な噂を立てられたエディスの二人は、駆け落ちして晴れて夫婦となった。
作家活動を始めたウィルを支え、ささやかで幸せな生活を満喫していたところ、エディスは『生ける屍』を題材とした荒唐無稽なお芝居――《ハント伯爵令嬢シリーズ》が各地で大当たりしているという噂を耳にする。
ウィルのもとにも新作の脚本の依頼があり、真実を広めるいい機会だと、その依頼を受けることにするが…?