6/10ウィングス文庫「けものの耳は恋でふるえる」

文庫

ケモノの耳と尻尾を持つ獣耳族と人間は、付かず離れずの距離で暮らしていた。
ところが最近、獣耳族を遠くに追いやろうと人間代表の修道士ギルバートが村に来るようになる。
そんな彼を追い返すのが、獣耳族の少女カリサの日課だった。
ある日街に薬を売りに行ったカリサは、人間に絡まれそうになったところをギルバートに助けられる。
街での彼は普段の慇懃無礼な態度とは正反対に柄が悪く、でも意外に親切で……?
意地っ張りケモミミ少女と不良修道士の、ファンタジック・ロマンス♡

店舗特典

購入書店によりイラストカードやショートストーリー掲載のペーパーがつきますので、気になる方はチェックしてください👇

雑誌で発表した読み切りに、その後の二人の話を書き下ろして一冊にまとめていただきました。


雑誌掲載時の記事👆

これも伯爵令嬢ですが~同様、思いついてちょっとしたメモを書いてからだいぶ長いこと寝かせておいたんですが、今回雑誌掲載から文庫にまでまとめていただけてとても嬉しいです。
イラストは雑誌に引き続きびっけさんが描いてくださいました。可愛いですね、可愛い……とても……。表紙の、どことなく童話っぽいイメージがとても素敵で、ニコニコ眺めてしまう。ありがとうございました!
また動画をつくっていただいたので、作品の雰囲気とびっけさんのイラストがすごくよく伝わってありがたいな~と思います。
恋と友情と耳としっぽはいいものだ、みたいなお話です。とても楽しく書きました。
ぜひお手に取っていただけますと幸いです。