劇場版ワンピース・オマツリ男爵と秘密の島

劇場版ワンピース・オマツリ男爵と秘密の島

YouTubeムービー


ワンピでこんな泣かされると思ってませんでした、っていうか笑撃のとかオマツリ島とか言ってるので警戒してたんですが、侮っていてすみませんと…。
内容的にものすごく痛かったんですが、これは、こ、子供が観て楽しいのか? でも小さい子たちは楽しそうでした(さすがに会場は男の子ばっかだった)。子供は素直に笑いどころで笑ってくれていいなあ。
細かいところに笑いがちりばめられていたり、台詞のテンポがものすごくよかったので、前半はあっという間に過ぎてった感じです。

ネタバレでもないんですが、後半部分についてはちょっとワンクッション。興味ある人だけ読んで下され。

ATTENTION

※以下ネタバレがありますのでご注意ください※

後半から急激にガーッと重たい内容になったんですが、その移り変わりっぷりが不自然じゃなかったので割と安心して観られました。
ていうかその後半の重い部分が辛くて辛くてもうさっさと終わってくれと思ってしまったよ。
勧善懲悪ではなかったので、やっぱり子供向けエンターテインメントというにはちょっとアレな感じがしますが、大人のお姉さん的にはすげーおもしろかったよ。
いつもどおり、ルフィが悪者をぶっ飛ばしてスッキリ! っていう展開でもなくて、悪者に同情的な気分になってしまった…敵の顔がおもしろかったのは大人の配慮だろうか。子供にわかりやすく「悪者」と見せるための。

何となく、特別ワンピースに深い思い入れがない人が、おもしろいものを作るぞうと思って作った作品、つー感じがしました。作品との距離感が別に嫌な感じでもなくあるような。

それはそれとしてゾロとサンジが仲悪しだったので、やたらにやにやしてしまい、周りの子供に心で「ごめんね、ごめんね」と謝ってしまいましたああにやにや。
サンジに関しては「……おまえまたそんな役回りを……」と結構ガッカリするような台詞を言わされていて、何となく観てるこっちがヘコんだんですが、あの島はアレのアレのせいでアレな磁場が発生していてみんながおかしくなっていたということで心の折り合いをつけました。
アラバスタでの発言といい、アニメスタッフ的にサンジの位置づけはこうなんだなあ、と思うと本当へこむ。
それにしてもサンジはとても可愛かったです。
本当に本当に可愛かったです。
今回作画が大変玄人向けと申しますか、ものすごく上手な人がものすごく書き飛ばしたような絵だったんですが、時間のない時の尾田先生の絵みたいでものすごくよかったです。サンジの体がよかったです。
一緒に行った人に、「サンジ君がたくさんお召し替えして大変目の保養になりました」ということを言ったら、実はみんなそれぞれたくさんお召し替えしていたそうで、何だわたしサンジしか目に入ってなかったのかと。
そんなことないはずだけどなあ。

ゾロも大変大人げない感じで可愛らしかったです。
で、ゾロに関しては非常に…まさかそんな姿を観るとは思ってもいなかった、わたし的に激しい衝撃の…スタッフがゾロを格好いいと思っていない感じがとてもよかったです。
あんな姿をサンジ君が見たらきっと死ぬまでからかうだろう。
それか格好よすぎて惚れると思う。
駄目だ思い出すと笑いが止まらない。

ウソップは何か貧乏くじな感じで。
ウソップはおしゃれさんだなあといつも思います、それにしても貧乏くじだなあ。

ナミさんとロビンちゃんも非常に可愛らしかったです、特にナミさんが。あ、ナミさんのお召し物のことも思い出したよ! ナミさんのおっぱいの位置がとてもすばらしくて目が釘付けでした。今回のナミさんの体が、ときどき尾田っぽくなかったんですが、それはそれで。いいものを見た気分。リゾートっていいなあ!

チョッパーはちょっと小さすぎやしまいか。あとふくらみ過ぎではあるまいか。
ひとりだけ例の騒動から外れていたのでよかったです、あ、ロビンちゃんもか。

でルフィですが、あんなにズタボロな船長を初めて見たので結構ショックでした。
やっぱり今回の映画は精神的にキツイ…可哀想で見てられない、つーのをワンピで初めて体験しました。
でも実際(?)ああいう状況になったら、ルフィはそれでも航海を続けると思うんだけどな〜。
船長には常に格好よくいて欲しいのですが、今回はどうも受っぽくて(ゴメン)それはそれでときめいてしまい子供たちにすまない気持ちに。

全体的に、いろいろツッコミ所はありつつ、観てる方で勝手な推測とかして補完できるレベルなんでいいんですが、一部「ちょっとそれは強引な……」と思う部分があり、それが映画自体でも、ワンピースって作品の中でも、多分ものすごく重要な位置を占める部分だろうから気になりました。あれ、わたし夢見過ぎか?
やっぱり何かの理由があって、後半の展開に繋がって欲しいな〜。
みんなで言い合ってる場面にチョッパーがいたら、わんわん泣いてると思う。
その辺で、「ワンピにあんまり思い入れがない人が作ったのだろうか」と思ってしまったのですが、その辺もムリヤリ納得できなくもないのでいいか…。
公開始まったら他の人の意見も聞いてみたい感じです。
わたしもあと何回か観に行きたい…本当にサンジがかわいかったよ。本当にサンジがかわいかったよ。

デッド・エンドの時にこれがワンピ映画の最高傑作だと思いましたが、今回も違うベクトルでものすごくできがいいな〜と思いました。
子供が観てどう思ったのかも聞いてみたい…。

【追記】
映画観て何年も経ってからWikipedia見て知ったんだけど、これ監督がサマーウォーズの人なのと、脚本が第三舞台の伊藤正宏さんだったん…だ…!?
そらおもしろいはずだ、と今さらすぎる時空を超えて納得したのでした…なお2019年5月27日のことです。14年越しか!