「Riverdance Japan 2024」行ってきた

上半身を直立の姿勢のまま動かさず、タップとステップとジャンプという下半身の動きだけで、これまで誰も見たことがない驚異的なダンスを繰り広げ、 世界中を驚嘆させた<リバーダンス>の25周年公演が遂に来日。

人口500万にも満たないヨーロッパの小国アイルランドで生み出されたこのショーは、ダンスも音楽も物語も、その内容のすべてがまさに“アイルランドそのもの”といったオリジナルな作品であるにもかかわらず、 世界中で熱狂的に受け入れられ、全世界で2400万人以上の観客を動員し、ショー・ビジネス界の常識を打ち破った。 英米以外の作品でありながら世界各国で、これほどの長期間ツアーを続ける作品はほかに例もなく、まさに“ショー・ビジネスの奇跡”の呼び名に値する実績を誇っている。

(略)

鍛えられた生身の肉体が目の前で繰り広げる、手に汗握るパフォーマンスと心に浸みわたる音楽で綴られるアイルランドの歴史と神話、芸術と文化。そしてそこから立ち現れる、 揺るぎのない愛と決してあきらめない不屈の魂。何度見ても驚嘆し、感動できる、世界中の人々の心をとらえた<リバーダンス>。
今年5月9年ぶりに来日するリバーダンスは25周年のツアー。今ツアーでは<リバーダンス>が成し遂げたものの意味を改めて確かめられるだろう。

先月の話ですが、9年ぶり、25周年というリバーダンスに行ってきました。
私は9年前のは見てなくて、前回行ったのが2005年だから、じゅ、19年前…!

公演あるのをまったく知らなかったので誘ってくれた友達に感謝。
いやあよかった。初手から好きすぎて泣きつつ最後まで喰い入るように観たり聴いたりしてました。
リバーダンスのわくわく感って他に比べられるものがないので、生で観賞できて本当によかったです。



14年聞き続けている。
今回パンフも円盤も何もなかったんですが新録ほしかったな~。
ファンタジー書く時とかにぴったりです。

アリーナ席だったんですがあまりに舞台に近くて座席がフラットすぎて、前の人の頭で実は何も見えなかったのがちょっと悲しい。
でも大変な栄養をもらって帰ってこられました。
また日本来てくれるかなあ。

記事のご感想・ご質問等はこちらから

舞台,音楽

Posted by eleki